雑学

年をとると、昔話をするのは何故ですか?

この記事は約1分で読めます。

人間の記憶力には
「記銘力」・「保持力」・「想起力」の3つが存在しています。

「記銘力」とは、新しい情報を変換し記憶として覚えること。
「保持力」とは、記銘した情報を保存しておくことです。
「想起力」とは、保存しておいた必要な情報だけをとりだすことです。

[ad] 

年をとると、昔のことは昨日の出来事のように鮮明に話せるのに、 昨日のお昼に何を食べたか?全く思い出せなかったりしますよね。

それは、若いときには記銘力・保持力・想起力がすべて活発に活動しているのですが、 年をとるとともに、記銘力はあっても「保持力」・「想起力」が衰えてしまうからなのです。

そして、記憶には
○一時的に情報を保存する「短期記憶」
○継続的に情報を保存する「長期記憶」があるのですが、

この「長期記憶の保持」と「想起力」は年ととっても比較的機能するので、昔話が多くなってしまうのです。

ちなみに、アルツハイマー型の痴呆症はこの三つの機能が低下した状態をいい、特に記銘力が一番落ちる障害です。

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています

コメント

タイトルとURLをコピーしました