雑学

左右の視力が違う!良い方の目が悪くなる?

この記事は約1分で読めます。

左右の視力の差がとても大きかったり、
片方は近視で、もう片方は遠視など、極端なケースが存在します。

眼科ではこれを不同視と呼ばれています。

[ad] 

今までの考えでは、これを放置しておくと、「良いほうの目までが悪くなる」 というのが定説となっていました。

「良いほうの目に負担がかかり、将来視力が低下してしまう」 というのがその理屈です。

しかし、近年ではこの考え方は違うのではないか?と訴える専門家も存在します。悪い目が更に悪くなり、最悪の場合は弱視になってしまう!と訴える人もいるのです。

常に見えやすい目を使ってしまうため、もう一方の目はあまり使われません。すると、網様体筋という場所がどんどん衰えていき、それに伴い視力も低下する!と指摘しています。

不同視である場合、「肩こり」・「頭痛」・「立体感」・「距離感に乏しい」・「視野が狭い」など様々な症状がでてきます。また、不同視の矯正にはメガネは不向きで、コンタクトレンズなどを使うケースが多いそうです。

お悩みの方は専門医にご相談ください

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました