聴覚障害

お酒の缶に刻印されている点字!なんと書いてあるのですか?

この記事は約2分で読めます。

 

視覚障がい者のお仕事が減っているので、新しい産業を作りたい! という事で、点字名刺プロジェクトを立ち上げました。その為、点字に携わる機会が多くなりました。

ここで問題
「缶ビールに刻印されている点字は、何と打たれているのでしょうか?」

缶ビールの飲み口に点字が刻印されているのをご存知でしょうか?
目の不自由な視覚障がい者の場合、間違えてアルコールを飲んでしまっては・・・ たまったものではありません(/o\)

そこで、アルコール類には、「おさけ」と点字を刻印して注意を呼び掛けているのです(´.ω.`;A)


今年の夏に購入した日焼け止めにも点字が刻印されていました。

近年、ユニバーサルデザインの観点から、点字を見かける機会が増えてきました。 ユニバーサルデザインとは何ですか?


バリアフリー

障害があるから付け加える!これがバリアフリーの考えです。

しかしこの考えですと、障害がある人は向かって左側の通路を使い、障害のない人は右側の通路を使う!これだと、知らないうちにココロのバリアが生まれてしまい、差別意識が解消されないのではないか?このような提唱を訴える人が現れました。

昔むかし、アメリカでは黒人が差別を受けていたために、白人が使っているトイレを使うことができませんでした。 バリアフリーの考えでは、昔の差別と重なってしまう・・・

スポンサーリンク

つまり、障害の有無で使われるものが異なるのは問題ではないか? そうではなくて、障害がある人もない人も、同じものを使うことができたなら、差別意識を解消する事ができるのではないか? これが、ユニバーサルデザインの考え方です。

このユニバーサルデザインの考えが少しずつ浸透してきており、様々なアイテムに点字を刻印されるようになっているのです。

点字名刺も、「ユニバーサルデザイン」 だったのですね!

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

福祉情報120へ 精神医療!一割負担で受ける方法がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました