LGBT

アラン・チューリング(LGBT)とは?第二次世界大戦を勝利に導いた人物

この記事は約3分で読めます。

今回はアラン・チューリングについて紹介したいと思います。

かつて第二次世界大戦の終戦に大活躍をした英雄が同性愛だったことで苦しむ事になりました。

 

死後50年以上たち現代のLGBTの方々に影響を与えていきました

アラン・チューリングという人がどんな風に今に影響しているのか紹介します。

アランチューリングとは?

 

アランチューリングはイギリスの数学者として第二次世界大戦中に

敵の暗号解読するため知恵と時間を注ぎ開発をし続けたのです

 

戦争時代に暗号を解読する装置というのは存在してはいたもの

敵がさらに複雑な暗号を使いだしてから苦戦をしていたようです

 

ついに暗号解読装置エニグマの完成!

 

エニグマはおおいに活躍をしました。

ドイツの暗号をといて敵の行動を見破り勝利に導いたのです

 

終戦をむかえたその後のアランチューリングは

逮捕されてしまうことになりました。

逮捕された理由は同性愛

 

逮捕の理由は同性愛が発覚されたからでした。

1952年、この頃のイギリスでは同性愛は犯罪として扱われていました。

 

通報者はアランチューリングの自宅に侵入した泥棒でした

その時にアランチューリングと18歳の男性が関係をもつ現場を目撃してしまったのです

 

チューリングはエニグマの開発した英雄だった事を隠していたため

逮捕した警察官はチューリングの活躍を知らず逮捕したとされています

 

有罪確定で条件付きの執行猶予となった

 

裁判にかけられたアラン・チューリングは1952年4月頃有罪が確定となりました。

そして同性愛を矯正するため女性ホルモンの注射を条件に、執行猶予になったのです

迫害から苦しむアランチューリング

 

執行猶予の条件となった女性井ホルモンの注射は当時のイギリスで

男性に女性ホルモンを打つ事で性欲がなくなると考えられていたので

同性愛者の治療とされていたようです。

 

治療をうけたアランチューリングの体はどんどん女性のようになり

 

精神的にも肉体的に苦しい思いをしたアランチューリングは

1954年41歳の若さで自殺をしたといわれています

 

死後アランチューリングの生き方は現代大きな影響を及ぼしに

再び評価される事になりました。

新50ポンド札の肖像に選ばれるほど名誉回復!

 

死後55年目となる2009年に

イギリスでは、チューリングへの政府の公式な謝罪を求める運動が高まりました

当時のゴードン・ブラウン首相が、アラン・チューリングに対して政府がおこなった

「非人道的な扱い」に国が公式的に謝罪することになり

 

死後60年経った2013年、エリザベス女王もチューリングに対して

正式に恩赦を与え名誉が回復することになったのです。

 

同性愛の合法化にも活躍した

 

アラン・チューリングの名誉回復と共に

過去に同性愛で有罪となった故人数千人の罪が許されるようになりました。

 

現在LGBTの方々の自由が少しずつ理解されるようになったことも

アラン・チューリングが活躍するとになりました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました