雑学

西郷さん!隆盛は父親の名前だった

この記事は約5分で読めます。

西郷さん!どんな人物だったんだろう?
ということで、今回は西郷さんの本質について調べてみました。

この名言を知っていただければ、
どんな人物だったのかを知っていただけるかと思います。

西郷さんの名言
「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は始末に困るものだ。しかし、この始末に困る人でなければ、国家の大業は成し得られぬなり。

いい事をいうなぁ~
つまり、地位とか名前とかにこだわっている人間では国を発展させることはできないんだ!とおっしゃっています。

実はこの西郷さん!
「自分の名前なんてどうでもいいや~」と思っていた人物だったのです。

西郷さんの実名は西郷隆永といい、
隆盛とはお父さんの名前だったそうです。

明治維新の立役者となった西郷さん。
朝廷から国の重要なポストを任されることになります。書類上の手続きのため、西郷さんの実名をたずねようとしたのですが、本人は多忙のため留守にしていました。

そこで、西郷さんの弟子に名前をたずねたのですが・・・

「俺は西郷吉之助(通称)でしか知らないなぁ」
「俺はいつも西郷どん、といってるので本名はわからん」
(ちなみに ”どん” は鹿児島の方言で、〇〇さんにあたる言葉です。偉大!といういみも込められています)

ちなみに、
江戸時代では名前を表すときに、家名(西郷)+通称(吉之助)+氏(平家の出なら「平」)+諱(いみな)で構成されておりました。本名にあたる諱(いみな)の部分は本人以外に口にしてはいけなかったそうです。

しかし、ある部下が
「う~ん・・・ たしか隆盛だったような気が・・・」

実は隆盛とはお父さんの名前だったようで、この言葉を信じた朝廷側が西郷隆盛で事務処理をしてしまったそうです。

出先から戻ってきた西郷さん。
部下から説明を受けると、「隆盛でよか!」といったそうで、あまり名前にはこだわりを持っていなかったそうです。

エピソード
荷車で荷物を運んでいた部下がいました。
しかし、坂道で苦戦をしており、なかなか前へは進めません。そんな部下に対し、西郷さんは後ろから荷台を押してあげたそうです。

すると、周りの部下たちが慌てて西郷さんにつめよります。

部下
「あなたは総大将なんだから、みっともない事はやめてください」

すると西郷さん
「俺は周りの人間を意識して行動なんかしないんだ!常に意識しているのは天である。周りの人間は俺の行動に対してどう思おうがそんなものは関係ない!天に対して恥じなければそれでいいのだ」

持論でもある「敬天愛人」(天を敬い人を愛する)を唱えたそうです。
冒頭の名言どおり、西郷さんは地位や名前などにこだわる人間ではなかったようですね^^

国を良くしたいとする気持ち!
それは、人間に備われている欲求そのものに、縛られてはいけないのかもしれません。。。

西郷さんとはどんな人物だったんだろう?
ということで、今回は西郷さんの本質について調べてみました。

この名言を知っていただければ、
どんな人物だったのかを知っていただけるかと思います。

西郷さんの名言
「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は始末に困るものだ。しかし、この始末に困る人でなければ、国家の大業は成し得られぬなり。

西郷さんはいい事をいうなぁ~
つまり、地位とか名前とかにこだわっている人間では国を発展させることはできないんだ!とおっしゃっています。

実はこの西郷さん!
「自分の名前なんてどうでもいいや~」と思っていた人物だったのです。

西郷さんの実名は西郷隆永といい、
隆盛とはお父さんの名前だったそうです。

明治維新の立役者となった西郷さん。
朝廷から国の重要なポストを任されることになります。書類上の手続きのため、西郷さんの実名をたずねようとしたのですが、本人は多忙のため留守にしていました。

そこで、西郷さんの弟子に名前をたずねたのですが・・・

「俺は西郷吉之助(通称)でしか知らないなぁ」
「俺はいつも西郷どん、といってるので本名はわからん」
(ちなみに ”どん” は鹿児島の方言で、〇〇さんにあたる言葉です。偉大!といういみも込められています)

ちなみに、
江戸時代では名前を表すときに、家名(西郷)+通称(吉之助)+氏(平家の出なら「平」)+諱(いみな)で構成されておりました。本名にあたる諱(いみな)の部分は本人以外に口にしてはいけなかったそうです。

しかし、ある部下が
「う~ん・・・ たしか隆盛だったような気が・・・」

実は隆盛とはお父さんの名前だったようで、この言葉を信じた朝廷側が西郷隆盛で事務処理をしてしまったそうです。

出先から戻ってきた西郷さん。
部下から説明を受けると、「隆盛でよか!」といったそうで、あまり名前にはこだわりを持っていなかったそうです。

エピソード
荷車で荷物を運んでいた部下がいました。
しかし、坂道で苦戦をしており、なかなか前へは進めません。そんな部下に対し、西郷さんは後ろから荷台を押してあげたそうです。

すると、周りの部下たちが慌てて西郷さんにつめよります。

部下
「あなたは総大将なんだから、みっともない事はやめてください」

すると西郷さん
「俺は周りの人間を意識して行動なんかしないんだ!常に意識しているのは天である。周りの人間は俺の行動に対してどう思おうがそんなものは関係ない!天に対して恥じなければそれでいいのだ」

持論でもある「敬天愛人」(天を敬い人を愛する)を唱えたそうです。
冒頭の名言どおり、西郷さんは地位や名前などにこだわる人間ではなかったようですね^^

国を良くしたいとする気持ち!
それは、人間に備われている欲求そのものに、縛られてはいけないのかもしれません。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました