雑学

コーヒーのボトル缶!飲み口が広い理由とは?

この記事は約2分で読めます。

今までの缶コーヒーですと、引き金を引いて缶を開けるタイプのものが主流でしたよね♪ ちなみに、この ”プシュ” という部分をプルトップといいます。

しかし、最近のコーヒーは、ふたを回して飲むタイプのものを多く見かけ、またボトル缶の飲み口を見てみると、広い事に気がつくかと思います。

コーヒーのボトル缶!
飲み口が広いのは何故だろう?

[ad] 

それは、「コーヒーの香りを楽しんでもらいたい!」
このようなメーカー側の気持ちが込められているためなのです^^v

コーヒーを飲む前に香りが広がれば、より美味しく飲んでもらえるのではないか? ← このような発想が込められている為なのです。

プルトップ式ではなく、ふた式になったのは飲みきれなくなったコーヒーを捨てなくて済む。このような理由も込められています。

1996年、ペットボトルが解禁になり、アルミ缶の需要が減るのではないか? このような危惧がなされていました。

そこで、アルミ業界はビールやコーヒーなどにアルミを使えないだろうか?という発想にたどり着き、現在に至るというわけです。是非、コーヒーの香りを楽しんでくださいね。

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました