雑学

卵の黄身!色が濃いからといって品質がいいとは限らない

この記事は約1分で読めます。



「今回の騙されるな雑学!」は卵の黄身についてです。(゜^ ゜)○

黄身の色が濃いと・・・

「美味しそうだなぁ」 ・ 「栄養があるんだろうなぁ」
と思ってしまいます。

[ad] 

しかし、卵の黄身が濃いからといって、
味や栄養度はそれほど変わらないのです。

黄身の色は、
鶏のえさに含まれる “カロチノイド” という色素で決まるからです。

つまり、より赤いカロチノイド色素を食べさせれば、黄身の色はオレンジ色に近づく事になるのです。

近年、より美味しそうに見えることから、赤いパプリカなどをエサに混ぜで、鶏に与えるケースが多くなっているようです。

料理の見栄えを良くするためです♪

黄身の色をみて、
「ストレスのない鶏から生まれた卵なんだなぁ」、

などと思われがちですが、「ストレスと黄身の色はあまり関係ないんだなぁ」と気が付けば、冷静な判断で卵を購入する事ができるかもしれません。

牛丼屋さんのあの卵!
黄身が濃いのはエサの影響だったのか♪

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました