雑学

甘エビの赤ちゃんは全てオス!

この記事は約1分で読めます。

今日は甘エビ雑学の紹介だよぉq(^o^)p

甘エビの正式名称は、”ホッコクアカエビ” といい、名前の通り北に生息するタラバエビ科の生き物です☆日本海北部・オホーツク海・カナダ西岸 などに生息します。

[ad] 

そして、甘エビが属する、タラバエビ科のエビは性転換をする事で知られています。なんと、甘エビの赤ちゃんは産まれてきた時の性別が全てオスなのです☆

しかし、産まれてから4年後には
全ての甘エビがメスになってしまうのですp(*∂Ⅲ∂*)q

あれれ~?
それでは子孫が残せないではないか!?

いえいえ!
産まれてから4年間はオスとして生きるので、年上のメスとの間で繁殖を行う事となるのです。

ちなみに、業界用語で
雄として繁殖を行った後に雌になるものを、雄性先熟(ゆうせいせんじゅく)
雌から雄になるものを雌性先熟(しせいせんじゅく)といいます。

甘エビの寿命は4年~9年ほどです

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました