雑学

吉田松陰!旅先でオシッコをした後、必ず走っていたのは何故?

この記事は約2分で読めます。

花燃ゆ~♪

今日のテーマは吉田松陰!
そもそも、吉田松陰とはどのような教育者だったのか? については、前回のレポートをご覧あれ☆

そんな松陰さん!

人から教えてもらった学問が、役に立たない事に気が付くと、見聞を広めるために、様々な場所へ旅をします。そして、旅先の木陰で用を足すと、どういうわけか?必ず走っていたそうです。

ここで疑問に思ったぞ!
オシッコやウ〇コをした後に、どうしてダッシュをしていたの?? 立ちションをした事を注意されるのが怖かった?(´^`)

スポンサーリンク

~~ 雑学発表 ~~

疑問に思ったお弟子さんが、松陰先生に問い詰めます!すると・・・

「用を足すことは私事であり、自分の為に使ってしまった時間である。これを取り戻すために走っているのだよ。」

このように応えたそうです。

常に公の利益を考えていた松陰さん!
明治維新の立役者は素晴らしい考えをお持ちだった。

子供の頃の松陰は、近所の子供と遊ぶことなく、ひたすら勉学に励んだそうです。勉強中、松陰のホッペに蚊が止まります。無意識にホッペをカキカキすると・・・・

叔父である玉木文之進は、激しく怒り、松陰をぶん殴ってしまうのです。

「頬がかゆいと言うのは私ごとであり、今は公の為に学んでいる時間である。私ごとを優先するとは何事か!」

用を足した後に必ず走っていた理由!こういった背景も、影響されているのかもしれませんね(^o^)/

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました