雑学

体温計!42℃までしか表示されていない理由

この記事は約2分で読めます。

体温計は42℃までしか表示されていません。
50℃まで書いてあれば、お風呂の温度も計れていいのにヾ(◎□◎)-┐

体内にばい菌が入ってくると、体温を上げてやっつけようとします。

[ad] 

つまり、風邪をひいて熱が出るのは、体の中に入ってきた悪い奴をやっつけようとしている時なのです。

しかし、熱が上がりすぎて40℃を超えてしまうと、人間の体を構成しているたんぱく質が固まってしまいます。

それは、ゆで卵の原理と同じです。
ゆで卵を冷やしても、生卵には戻りませんよね。

それに、体温が40℃以上になると、食べ物をうまく消化できなくなったり、血の巡りが悪くなったりしてしまうので、体の中の様々な細胞が死んでしまうことがあるのです。

時には脳細胞が破壊されることもありますよΣ(゚〇゚;)
たとえ熱が下がったとしても、そのあとに後遺症や何らかの障害が出てくることがあるのです。

42℃になると、人間が死にいたる確率がいっきに高くなる温度です。
これ以上高い温度を計れても、死に至るのであんまり意味がないよね~。 という事で体温計は42℃までなのです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました