雑学

消費者団体訴訟制度とは何ですか?

この記事は約2分で読めます。



2006年、消費者契約法が改正されたのを機会に、2007年に施行されたのが消費者団体訴訟制度というものです。

消費者と悪徳業者とのトラブルが絶えません・・・

個々の話し合いで、消費者と悪徳業者のトラブルが解消されたとしても、悪徳業者は他の消費者をターゲットにし、トラブルを繰り返すケースも見受けられます。

[ad] 

また、少額の被害にあわれた消費者は泣き寝入りをするケースも多く、交渉力・金銭力・時間等の問題から、話し合いすらしないケースもあるようです。

これでは、いつまでたっても悪徳業者が減らないではないかヽ(>血<)ノ

そこで、内閣総理大臣が認定した ”適格消費者団体” が消費者の変わりに、”契約の解除” や ”勧誘の差し止め請求訴訟” を起こす事ができるようになったのです。

事業者の行為そのものを制限できる制度なので、被害の拡大を防止する制度として注目されているのです。

この会社・・・ 絶対に許せない(>_<)
同じ思いをみんなにさせたくないんだ(p>_<q)

そんな時は適格消費者団体に相談するのも一つの手です。
頭の片隅に入れておいてくださいね☆

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました