雑学

ストレスで吹き出物が現れるのは何故ですか?

この記事は約2分で読めます。

吹き出物は様々なケースで見られます。

若者の吹き出物のことをニキビと呼びますが、これはホルモンのバランスが崩れる事が原因です。思春期になると、皮脂(脂肪を含む液体)が大量に発生し、毛穴に詰まることにより、ニキビが発生しやすくなるのです。 → ニキビができるのは何故ですか?

そして、今回はストレスで吹き出物が出るケースについてのお話です☆

スポンサーリンク

ストレスを感じると自律神経である交感神経が活発に働きます。交感神経が働くと顆粒球(かりゅうきゅう)という白血球が出るのです。

顆粒球ちゃん
「みなさんこんにちは!僕は顆粒球だよ♪体に悪いものが入ってきたら僕が体の健康の為に食べちゃうんだよ♪モグモグ☆」

しかし、顆粒球はあるものを出してしまいました。

顆粒球ちゃん
「あ~ 美味しかった ブリブリ(おなら♪) 」

なんと!悪いものを食べてくれたのはよかったのですが、活性酸素を吐き出しているではないか(><) この活性酸素はガンの元になっているといわれ、体によくないものだとされています。

この顆粒球!毛穴を寝床にしてしまったではありませんか・・・ 実は毛穴はブドウ球菌も寝床でもあるのです。

ブドウ球菌くん
「お~ 顆粒球ちゃんではないか! もしよければ同盟を結ぼう」

顆粒球ちゃん
「らじゃりました~♪」

ブドウ球菌と顆粒球が反応しでできたものこそが吹き出物というわけです。ストレスを溜めると交感神経が活性化し、顆粒球が大量に出てしまう。 これがブドウ球菌と結び好き吹き出物が出てしまう!

ストレスを溜めないよう、気をつけてくださいね☆

著者 出川 雄一(ツイッター)
障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、
実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。
障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました