人物福祉

新渡戸稲造!どんな人物だったのですか?

この記事は約4分で読めます。

 

 

今日は新渡戸稲造(1862-1933)さんについて調べてみました。新渡戸さんの精神は、日本人の本質にとどまらず、福祉の本質に通じているかもしれないよ(^▽^) という事でレポートを書かせて頂きます。

稲造さんは岩手県盛岡市の出身で、武士の家系に生まれました。

そして、稲造さんのお父さんやお爺ちゃんは、農民の生活が豊かになるためにと、十和田湖のお水を引くための活動を行っていた人物です。そうなんです。武士でありながら農民の為に、自分自身を犠牲にして生きていたのです。

新渡戸さんが五歳になると、お父さんが亡くなります。

お母さんは、「お父さんやお爺ちゃんは偉かった!自分を犠牲にして、世の中の為に生きた人だったんだ」と息子に語りかけていたそうです。

このお母さんもまた、武士の家系で育った人間です。稲造が9歳になると、「まだまだ子供と一緒にいたい!」という自身の欲求を犠牲にし、「東京へ行って修行した方がいい。それが息子のためになる!」 そんな気持ちで、上京させる事になるのです。

上京した稲造さん。
しかし、支えとなっていた親戚の経済状況が悪化。15歳の時に、国費でまかなってもらえる札幌農学校(現在の北海道大学)に通う事になりました。

やがて東大に進むのですが、「明らかに大学のレベルが低い・・・ 自分で自分の道を切り開くしかない!」 札幌農学校の教授になったのち、22歳の時にアメリカで勉強をする事になるのです。

そして、留学先で出会ったのが、ベルギーの法学者であるド・ラブレーという人物です。「おまえの国では、宗教教育がなされていないようだが、どうやって子供に道徳を教えているのだ?」と質問されると・・・

「ハッ!」と思った稲造さん。即答できませんでした。

 

稲造さん
「親父や爺ちゃんは農民の為に犠牲になり、そして母ちゃんもまた、俺の為に犠牲になり、子供の幸せを願っていた。 そういう気持ちが、代々受け継がれ・・・」

 

スポンサーリンク

 

この、ド・ラブレーの問いを答えた書籍こそが、世界中で大ヒットした、「武士道」という本なのです。日露戦争で勝利した日本、「いったい日本の強さはどこから来ているのだろうか?」このような世界中の疑問を解決する手段として、武士道は世界中で読まれることになったのです。

武士道のフレーズ(37歳の時に出版)
「自己の個性をさえ犠牲にして、己よりも高き目的に使える事」
「使命の為に犠牲になる事が、自らを生かすことになる」
「運命に任せるという平静なる感覚、不可避に対する静かなる服従」
「人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして己れを尽くして人を咎めず」 ←西郷さんの言葉も紹介されていました。

俺の父ちゃんは、農民の為に働く事こそが自らの使命だと感じたのでは?俺の母ちゃんは、俺の為に尽くす事こそが、自らの使命だと感じたのでは?日本人の心には、このような精神が知らず知らずのうちに身に付けられている。と感じるようになるのです。

やがて、第一次世界大戦がはじまると、大きな犠牲が世界中を覆います。この大戦を反省し、もう戦争を起こさせない!こんな気持ちで立ち上がった組織が国際連盟です。

稲造さんの学識は世界の役に立つだろう。

こうして、国際連盟の事務次長に選ばれ、平和活動に努める活動を行うのです。

「使命の為に犠牲になる事が、自らを生かすことになるだろう」 ← 凄い事をいいますね(。・ω・)ノ 福祉にとって大切なことは、自分の使命を全うする事なのかもしれませんね。

追記
1931年に軍部の暴走による満州事変が勃発。
1933年に国際連盟を脱退

自分の使命は平和活動だ!
稲造さんは、アメリカで平和を訴える講演を100回ほど重ねました。しかし、その方向を修正する事が出来ず、戦争が勃発するのです。

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

福祉情報152へ 視覚障がい者!お芝居を観る人が多い理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました