その他福祉

障害者手帳!葉書が無償で配布される制度が!?(青い鳥郵便葉書)

この記事は約2分で読めます。

福祉ジャーナリストの安田泰淳ですm(__)m
エッ(o^。^o)/ とっておきの情報が聞けるって(ノ^-^)ノ

という事で、2014年2月28日、埼玉県越谷市にある越谷市民活動センターへ行き、視覚障がい者当事者による貴重な体験談などを聞きに伺いました。

そのお話(とっておき情報)の中で、ある条件を満たすと、郵便局から20枚のはがきを無償でもらえる制度がある!という事を耳にしました。

その条件とは・・・

重度の身体障がい者の方(障害者手帳、一級 二級)
重度の知的障がい者の方(療育手帳A または一度 二度)

こちらの手帳をお持ちの方は、地域に関係なく、郵便局から青い鳥郵便葉書が無料で手に入れる事ができるのです。


青い鳥がデザインされていますね(o^。^o)

この制度がスタートしたのは1976年からで、「身体障害者福祉強調運動はがき」という名称で交付されたのが始まりです。「身体障がい者の方や、知的障がい者の方に対する国民の理解を深まれば」 そんな気持ちでスタートした制度です。

スポンサーリンク

1983年に、鳥郵便葉書という名称に変更されました。

しかしながら、青い鳥葉書を取得するには受付期間が存在します。毎年4月1日頃から5月31日頃に受付を行った人に対して交付されることになっています。

郵便窓口へ行き、障害者手帳を提示し、必要な書類を差し出せば、後日郵送で葉書が送られてくるのです。 提出するこの用紙は、「郵便局」・「社会福祉事務所」・「児童相談所」に置かれていますので、ご興味のある方は窓口でお尋ねください。

配布される葉書は
○ 無地
○ インクジェット
○ くぼみ入り   などが選べます。

青い鳥郵便葉書の無償配布 – 日本郵便

ちなみに、くぼみ入りの葉書とは視覚障がい者の方が、「裏」・「表」・「上」・「下」を確認できるよう、表面の左下にくぼみがはいった葉書のことです。

そんな制度があったとは・・・  みんなに教えてあげてね~(。・_・。)ノ

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

福祉情報160へ 日本資本主義の父!渋沢栄一ってどんな人??

コメント

タイトルとURLをコピーしました