雑学

「クッキー」 と 「ビスケット」の違いとは??

この記事は約1分で読めます。

まずは日本とクッキーの歴史からです^^v
最初、ヨーロッパからビスケットがやってきました。その後、アメリカからクッキーがやってくるのです。

[ad] 

イギリスではこのようなお菓子をまとめて「ビスケット」といい、逆にアメリカでは「クッキー」と呼ばれていたのです。

ここで問題が起こります。
アメリカとヨーロッパの文化の違いが日本に押し寄せて、クッキーとビスケットの定義が曖昧になってしまいました。

そこで、全国ビスケット協会では
「クッキー」と「ビスケット」の違いについて定義を設けています。

見た目が手作り風で、全体に占める糖分と脂肪分の合計が40パーセント以上のものをクッキーに・・・ それに当てはまらないものをビスケットに!

このような定義を設けているのです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました