雑学

うなぎの刺身!見かけないのは何故ですか?

この記事は約1分で読めます。

血が混ざっているお刺身をよく見かけます。
食べるにあたって、これは特に問題はありません。

しかし、ウナギはそうもいかないのです!

何故ならば、うなぎの血には毒が入っているからです! ちなみに、アナゴ・ハモ・ウツボにも、血に毒が入ってます。

[ad] 

うなぎの血には
イクチオヘモトキシン という毒素が含まれており、

口に入れると・・・ 呼吸困難や吐き気が・・・
傷口に入ると・・・ 傷口が膿む 赤く腫れる 傷口が皮膚炎に
目に入ると・・・   結膜炎に

などの症状が起きてしまうのです・・・・・

しかし、この毒はたんぱく質性のものなので、60℃以上で5分間加熱すれば、毒は消えて普通に食べられます。

よって、ウナギは蒲焼にするのがベストなのです。

血を完全に抜いて、お酢でしめればお刺身で食べることも可能です。
しかし、うなぎの肉は味が無く、ゴムのような触感があるので、あまり美味しくないそうです

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました