雑学

卒業式!第二ボタンを渡す習慣ができたのは何故ですか?

この記事は約1分で読めます。

 

卒業式に第二ボタンを渡すのは何故だろう?

一説によると、
武田泰淳(1912-1976)さんの小説が関係しているのではないか?とされていますので、早速ご紹介させて頂きます。

[ad] 

内容
戦死したお兄さんにはお嫁さんがいました。弟(主人公)はそのお嫁さんに恋をするのですが、特攻隊として戦地に向かう事になったのです。

二度とこの場所へは戻ってこれないだろう。だから、好きだという気持ちを第二ボタンに託し、万が一のことがあったら、形見として持っていて欲しい。と、心臓に一番近い第二ボタンをお嫁さんに渡したのです。

この小説に感動した学校の先生が、
さっそく生徒達にこのお話を聞かせてあげたそうです。

丁度その頃が卒業シーズン!
生徒達はこのお話を参考にし、心臓に近い第二ボタンを渡したとさ。

いい話だなぁ~

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました