雑学

公正証書とは何ですか?離婚時に役立つ

この記事は約2分で読めます。

「離婚」・「借金」・「遺言」などに大活躍 & 強力な味方になってくれる公正証書(ノ´▽`)ノ  公正証書(公文書)を簡単にいうと、「約束文の頂点!」 といったところでしょうか。

普通の契約書(私文書)では強制的に財産を取り立てる事ができません。強制執行がしたい!と思ったならば、裁判所へ行き、差し押さえの手続きをしなければいけないのです。(時間がかかる・・・)

しかし、相手とのやり取りで、公正証書を交わしていれば・・・

A子さん
「元旦那から支払われていた慰謝料が滞っている!イヒヒ。離婚した時に公正証書を交わしていたもんね~。 強制執行しちゃうよ~♪」

[ad] 

実は公正証書があれば、
給料や財産等を差し押さえる事ができるのです(^ー^ )/

公正証書はどこで発行してもらえるのでしょうか?
実は裁判所ではなく、公証役場という所で発行してもらおます。

例題
私は30歳になる女です。昨年旦那と別れ、一人娘を私が引き取りました。養育費は毎月5万円口座に振り込んでくれています。

しか~~し!!

旦那が急に養育費を支払ってくれなくなってしまったよ(涙)

こんな時に役立つのが公正証書です!!(通販ふうに^^)
離婚する時に公証役場に行き、毎月5万円支払う内容の証書を作ってもらうと、支払いを止められたとき、強制的に財産やお給料を没収する事ができるのです。

強制執行とは、国の機関を利用して強制的に取り立てることです。相手が住んでいる管轄の地方裁判所へ行き、申し立てを行う事となります。

公正証書!
頭の片隅に入れて置いてくださいね☆

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました