雑学

献血!場合によっては日時をずらした方がいい事も・・・

この記事は約1分で読めます。

2011年3月11日に起きた東日本大震災。

「震災や津波の影響で、怪我をされた方が多いのではないか?」という優しい気持ちから、献血を行う人が殺到したそうです。

[ad] 

しかし、献血について調べてみると、時と場合によっては、その気持ちが無駄になってしまう事もあるようです。 献血の前に、職員の方に問い合わせたほうが無難かと思います。

何故ならば、採取した血液には寿命があるためです。

血小板 =  4日
赤血球 = 21日

つまり、一度に大量の方が献血を行っても、その血液が利用されなかった場合、処分されてしまうのです。善意が無駄にならない為にも、タイミングを見計らって献血を行うのが大切なのですね。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました