雑学

コウノトリ!赤ちゃんを運ぶとされる理由

この記事は約2分で読めます。


コウノトリ


シュバシコウ

「コウノトリ」と「シュバシコウ」
よく見ると、くちばしの色が違いますよね(^^) シュバシコウはコウノトリ科なので親戚にあたります。

日本ではコウノトリが赤ちゃんを運ぶ!といわれていますが、海外ではシュバシコウが赤ちゃんを運ぶ☆とされているのです。

[ad] 

え?どういう事ですか?

これはドイツのお話です
子供に恵まれない夫婦の家にシュバシコウがやってきて、煙突に巣を作ってしまうのです。 しかし、この夫婦は優しかった(ノ^-^)ノ シュバシコウに気を使い、煙突を使わないよう心がけたのです。

やがて、雛が誕生し無事に旅たちます。
すると、この夫婦に待望の赤ちゃんが誕生するではありませんか~~=((ノ^∀^*)ノ この夫婦はシュバシコウが赤ちゃんを運んでくれたんだ~(^^)と大喜び♪ このお話が世界中に紹介されると、

「シュバシコウは赤ちゃんを運ぶ鳥なんだね~」

日本でもこのお話が紹介されたのですが・・・・
シュバシコウではなく、コウノトリが赤ちゃんを運んでくれた~♪ と間違えて伝えてしまったのです。(似てますからね)

この事がきっかけとなり、日本ではコウノトリが赤ちゃんを運ぶ設定となってしまいました(

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました