その他福祉

医療費!一定の額を超えると返金される

この記事は約2分で読めます。

 

病気で長期入院になった場合、お金の面で困りますよ(T◇T)
出費が100万円かかったよ(><)

しか~し!日本には素晴らしい制度が存在するのです。
高額療養費制度というものがあり、医療費が一定の金額を超えると、返金される制度があるのです♪

この制度!
実は請求しないとお金が戻ってこないのです。知らないと絶対に損をしてしまいますので、困っている方がいれば教えてあげてくださいね(ノ^-^)ノ

支払いの自己限度額は70歳未満の方で、一ヶ月の医療費が80,100円+αです。低所得者の場合は35400円・高所得者は150,000円です。また、一定の条件を満たしていれば家族で合算する事も可能です。ちなみに、部屋代や食事代などは対象外です。

この自己限度額を超えて支払った金額が返金されるのです♪

具体的な方程式はこちらです。(所得などの条件で異なります)
自己限度額=80,100円+(医療費-267,000円)×1%

例えば、一ヶ月の医療費が100万円だったとします。
支払い金額は国民健康保険の三割負担で30万円
自己限度額は80,100円+(100万円ー267,000円)×1% = 87,430円です。

自己限度額を超える金額は還付されますので、支払った300,000円 ー 限度額87,430円 = 212,570円戻ってくる事になります。

ちなみに、保険適用外のものは対象外です。また、時効は診療を受けた月の翌月1日から起算して2年間です。

スポンサーリンク

申請場所はそれぞれ異なり、社会保険なら社会保険事務所・国民健康保険なら役所にお問い合わせください。

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

参考資料
高額療養費制度を利用される皆さまへ(厚生労働省)

福祉情報125へ 男性の性被害者が集まるグループがある

コメント

タイトルとURLをコピーしました