雑学

鼻の穴!二つあるのは何故ですか?

この記事は約2分で読めます。

 

Q、ねぇねぇ?口は一つしかないのに、どうして耳は二つあるの?
A、それはねぇ(○*>∀<*) 自分が話す倍の数だけ、人の話を聞かなければいけないためだよ(≧∇≦)

Q、それじゃ~ 鼻の穴はどうして二つあるのぉ?
A、そ・・・ それは・・・

あくまでも一つの説として・・・

鼻には粘膜という膜があり、この組織で分泌されているのが粘液です。

[ad] 

粘液はウイルスやほこりなどと結びつき、外へ排出されるので、人間にとってなくてはならない存在です。

鼻が二つあると、この粘膜の面積が大きくなるので、ウイルスなどの外敵をより守りやすくなる! だから二つあるんだ。という説が存在しました。

鼻の不思議・・・
鼻の特徴を調べてみると、実は1時間から2時間おきに、鼻の穴を交代しながら呼吸している事がわかっています。つまり、片方の穴で呼吸をしている時は、もう片方の穴はお休みしているのです。

エネルギーをなるべく使わず、より効率的に鼻を活用しているためではないか?といわれています。ただし、マラソンなど、酸素をたくさん取り入れる時は、両方の穴が開くようです。

ちなみに、同じ匂いのものであっても、右で嗅ぐ匂いと、左で嗅ぐ匂いは微妙に異なるのだそうです。鼻って不思議ですね( ̄□ ̄;)

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました