雑学

バナナは果物ではなく草だった!?

この記事は約1分で読めます。

植物学の定義に当てはめると、
バナナは果物ではなく草(野菜)になるのです。

ええ?バナナは木に実っていますよね?

いえいえ!
画像をご覧ください。

[ad] 

木のように見えますが、矢印の部分は幹ではなく茎なのです。
というのも、この茎は葉っぱが重なってできているのでとても柔らかい!

その為、木(幹)として認められていないのです。
高さ数メートルある多年草!つまり、大きな草というわけです。

しかし、農林水産省はバナナは果物と定義しています。
農林水産省は一年間で枯れてしまう草(一年草)から取れるものを野菜!
数年にわたって生きるもの(多年草など)から取れるものを果物!

と決めています。

国の定義に当てはめると、
バナナは多年草から収穫できるので果物扱いとなるのです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました