雑学

定員5人の車!6人乗っても大丈夫な理由 

この記事は約2分で読めます。

どもども♪
今日は小春日和ですね。 → 秋なのに小春日和というのは何故? それでは雑学の問題を出題するよ~☆

天気がいいので家族旅行をしよう~♪
策略家でモラルがない部下のA君と、意志の弱い上司のB君はそれぞれ5人乗りの自動車を所有していました。

しかし、12人で旅行に行くことになったため、A君とB君の意見は対立してしまいました。

スポンサーリンク

A君 「定員オーバーかな?でも、どうせばれないよ!」
B君 「僕は反対だな~ 旅行は中止にしよう」
A君 「大丈夫だよ!ばれないって」
B君 「そう?じゃあコソ~リ行こうか^^」

A君の仕切りにより、2人の車に6人ずつ振り分けで旅行に行くことになりました。しかし・・・ A君は警察に捕まりませんでしたが、B君は定員オーバーにより道路交通法違反で呼び止められてしまうのです(><)

定員乗車外違反だそうです・・・

ここで問題です♪
何故、A君は捕まらずにB君は捕まったのでしょうか?

答え☆
実はこの定員とは大人の人数を指す数字だったのです。つまり、定員五人とは大人の定員が5人ということなのです。子供が乗車する場合、大人2人分を子供3人分に換算できるのです。

捕まらなかったA君の車には大人1人子供5人だったのでセーフ♪B君の車には大人が6人が乗車していたのでアウトだったのです!!

なんと!旅行に反対していたB君は過ちを犯してしまったのです!(〇`・ω・´〇)ゞゞ この事が社長にばれてB君は降格・・・ かわりにA君が昇格してしまいました☆

子供とは満12歳以下を指します。また、荷台に人を乗せた状態で事故を起こすと、保険の対象外となるので絶対にやめましょうね。

追記
5人乗りの車で大人が2人乗る場合だと
(大人5人-大人2人)×1.5=子供4.5人となり子供は4人まで乗れることになります。

8人乗りの車に大人1人が乗る場合
(大人8人-大人1人)×1.5=子供10.5人となり、子供は10人まで乗れることになります。

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました