雑学

鶴の一声!鶴の鳴き声ってどんな音?

この記事は約2分で読めます。

鶴の一声!この言葉を辞書で調べると

〇「実力者の言葉」
〇「人の意見を押さえつける」
〇「誰もが従うような権力者」 と書いてありました。

[ad] 

例文
会議をしましたが、なかなか結論が出ませんでした。そこで実力者である小沢二郎さんが登場! たった一声で結論がまとまりました。

これを鶴にたとえて、「鶴の一声」 というのです。

う~~~ん・・・
ここで疑問に思ったぞ(´^`;)

鶴を用いて表現しているのはいったい何故だろう?

鶴の鳴き声を聞いてビックリしました!
「キョ~~ キョ~~」と、甲高い声で鳴いているではありませんか! 鶴が一声鳴くと、思わず周りがシーンと静まり返るほどの大きさです。

鳥は気管の下にある「鳴管(めいかん)」という膜を動かして音を出しています。しかし、鶴は他の鳥よりも鳴管の筋肉が発達しているので、大きな鳴き声を出せてしまうのです

また、鶴は長い首も持っており、ラッパのような役割を果たしています。 これらの特性が、遠くへと声を響かせる要因になっているのです。

「鶴の一声!」
うまい言葉を用いたもんだ(`-^*)

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました