雑学

相手が自分を好きになる!単純接触の法則とは何ですか?

この記事は約2分で読めます。

仕事のできる営業マン
数多くの会社へ足を運び、自分の存在をアピールしている事に気が付きます。定期的に顔を出しては、コミュニケーションを取っている!

なんと!
彼らは心理学の理論を用いて営業をしていたのです。
その名は単純接触の法則(単純接触の原理)です。

この原理は1968年にアメリカの心理学者、ロバート・サイアンスの論文で発表されました。

[ad] 

サイアンスさん
「A子さん!お願いがあるんだ。この男性の写真を見てくれよ。」

サイアンスさんは
B君の写真は 1回
C君の写真は 2回
D君の写真は 5回
E君の写真は10回
F君の写真は25回 の写真を見せました。

すると・・・
ルックスに関係なく

A子さん
「あたしはF君がタイプです~♪」 と答えるではありませんか(゚□゚) ← これが単純接触の法則です。

会えば会うほど親しみが沸いてくる♪
つまり、成績の良い営業マンは単純接触の法則を利用して、顧客を維持したり、顧客を増やしたりしているのです!

この法則を恋愛にも応用することが可能です。
例えば、コンビニで働いているG子さんを好きになりました。

「G子さんに好印象を抱いてもらいたい」

こんな時に利用できるのが単純接触の法則です♪
定期的にお店に通えば好印象を抱いてもらえる!

小沢一郎さんは選挙で勝つ手法の一つに
「辻立ちを〇〇回行いなさい」とおっしゃっています。辻立ちとは政治家が行う街頭演説のことです。 これも単純接触の法則が関係しているものと思われます。

好印象を与えるためには単純接触の法則

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました