雑学

「傷害罪」と「殺人未遂」 その判断基準は?

この記事は約2分で読めます。

「この事件は傷害罪じゃなく、明らかに殺人未遂じゃん!」
ニュースを見ていて、「あれれ~?」 と思ったことはありませんか?

[ad] 

Q,当然、傷害罪よりも殺人未遂罪の方が刑が重いのですが・・・
どういう基準で「傷害罪」と「殺人未遂」を分けているのでしょうか?

A、基本的に、殺すつもりがあったかどうか?で刑が決まります。

事例
Aさんに腹を立てていたBさん!
Aさん、「仕事がのろいんだ!もっと早くやれよ!」

この言葉に激怒したBさんは、暴行する目的で胸ぐらをつかみ、その勢いで押し倒してしまいました。その際、Aさんは机の角に頭を強く打ち、そのまま亡くなってしまいました。

この場合、Bさんは殺そうと思って押し倒したのではなく、腹がたって殴っただけなので、傷害致死罪が適用されます。

しかし、
「殺そうと思ってやったわけじゃない!傷害致死罪だ!」 と訴えても、認められないケースも存在します。

〇明らかに心臓に包丁が刺さっていた場合!
〇首を深く切られていた場合! などです。

心臓や首を深く傷つけると人間は死んでしまいます。
犯人も当然その知識があるわけなので、この場合は殺人未遂罪が適用されることになるのです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました