雑学

座っている時間が長いほど、寿命が短くなってしまう!?

この記事は約2分で読めます。

皆さんは一日何時間ぐらい椅子に座っていますか?
椅子に座り続ける行為って、果たして体によいのでしょうか?

実は、アメリカの研究チームが座っている時間と寿命との因果関係について調べあげていました。

1993年から2006年にかけて、
約12万人からアンケートをとった結果、面白い統計結果が表れています。

[ad] 

一日六時間座っている人は一日三時間座っている人よりも死亡するリスクが高かったのです。

その死亡リスク率は
女性が37パーセント増
男性が17パーセント増

つまり、座っている時間が長いほど、体に良くない統計が表れたのです。ただし、運動をすればこのリスクが軽減することもわかっています。

この研究チームの責任者
「体を動かさないと太ってしまい、それが健康に悪影響を及ぼすのではないか?」

それだけではなく、
「筋肉!特に足の筋肉を動かさないと、心のバランスが崩れてしまい、コレステロールの数値に影響を及ぼし、さらにホルモンのバランスが崩れてしまうのだ!」と忠告しています。

追記
足は第二の心臓という言葉を聞いたことがあります。
散歩をすると、足の筋肉が収縮し、これが血液の流れを促進させる作用があるようです。散歩などをして、適度な刺激を与える事が大切なのだと思います(^o^)/

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました