発達障害

サヴァン症候群!名前の由来

この記事は約1分で読めます。

自閉症などの発達障害がありながら、ある分野に対して天才的な能力を発揮する症状をサヴァン症候群といいます。

イギリスのジョン・ランドン・ダウン博士(1828 – 1896)は、この症状を イディオ・サヴァン = 賢い白痴 と名づけました。しかし、白痴(精神遅滞)という表現が差別にあたる!という理由で、イディオは省略。

 

スポンサーリンク

 

 

後にサヴァン症候群と改められました。
サヴァンとはフランス語で賢いという意味です。

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました