雑学

ペットボトル!牛乳を販売できない理由

この記事は約2分で読めます。

ペットボトルという単語!
これは日本でしか使われていない言葉だそうです。

欧米では、プラスチックボトルという単語で表されていますので、海外でペットボトルと言っても通用しないのです。

2004年にはアサヒビールがペットボトルの中に、ビールを入れて販売する計画もありましたが、環境保護団体からの抗議により、販売を中止する事になったそうです・・・

[ad] 

ペットボトルは瓶のようにくり返し使うことができず、缶や瓶に比べてリサイクル率が低いためです。

しかし、牛乳をペットボトルで販売する話を聞いたことがありません・・・ ペットボトルで販売できない理由があるのでしょうか?

実は、ペットボトルに牛乳を入れて販売する事ができないのです!

1951年の省令で、衛生上の問題から牛乳を販売する方法は、「紙パック」か「瓶」じゃなければ駄目ですよ!という決まりを作ったのです。(その当時、ペットボトルなんてありませんでした)

しかし、ペットボトルが主流となった現代に至っては、「少し時代遅れかも・・・」という議論が起こっています。 そこで、厚生労働省は「関係者の要望があれば審議をしてもいいですよ~」との発言があったそうです。

雑菌が繁殖しやすい牛乳!
一度口をつけると衛生的によくないので、牛乳のペットボトル化には問題があるようです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました