雑学

拒食症!時間がたつと空腹を感じなくなる理由

この記事は約2分で読めます。

忙し過ぎて、ご飯を食べ損なってしまったよ(>_<。。)

初めはおなかがグーグー鳴っているのに、
しばらくすると空腹を感じなくなりますよね。あれっていったい何故だろう?

短時間の場合、
単に体が慣れてしまうからだそうです^^;

[ad] 

人はある程度同じ状態が続くと、あまり気にならなくなるのです。

しかし、断食などにより1日ほど食事を摂らない場合、慣れとは違うメカニズムが発生し、拒食症に発展する可能性がありますので注意してくださいね。

長時間にわたり食べない状態が続くと、
体はエネルギーを得るために脂肪などを分解します。

この分解する時に出てくるのが今日の主人公であるケトン体です。

このケトン体!
大脳の視床下部にある食欲中枢に作用するので、空腹感を感じなくさせているのです。つまり、拒食症に発展するかもしれないのです。

このメカニズムを利用して、
アメリカでは2000年頃から「ケトン式ダイエット」が流行ってしまいました。

しかし健康上の問題を指摘する専門家が数多く存在し、

〇ケトン体を発生させたために内臓に対する負荷が大きくなる
〇低血糖となりイライラ感が出てくる
〇体臭や口臭がきつくなる

などの症状が表れる事を指摘しています。
気をつけてくださいね

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました