雑学

観光庁!設置されたのは何故ですか?

この記事は約2分で読めます。

観光庁という聞きなれない言葉!
実は2008年に発足した組織で、国土交通省の外局として設置されました。

外局とは、特殊性の高い専門的な業務を行う組織で、独立性の高い事務を行う機関をいいます。

過去の日本は観光に力を入れませんでした。というのも、貿易で利益をいっぱい稼いでいたので、観光の分野でも儲かってしまうと、他の国(アメリカ)から何を言われるかわかりません・・・

[ad] 

他国への配慮から、
今まで観光の分野に力を入れてこなかったのです。

しかし、バブルが崩壊し、経済に陰りが出てきます。
すると、「そろそろ観光に力を入れようではないか!」と考え、観光庁が設立されたというわけです。

2006年の観光白書によると、日本人が海外で使ったお金から、海外の人が日本で使ったお金を差し引くと、184億ドルの赤字になるのです。

そこで、日本に存在する魅力的な観光地の支援や、観光人材の育成などを推進し、海外から多くの観光客を連れてくるのが観光庁の役割です。

国連世界観光機関によると、
世界の国際観光収入と国際旅客運賃収入の合計金額は、一兆四千億ドルほどになるそうです。

つまり、この市場を制した国こそが外貨を獲得できるというわけで、日本もようやく観光に力を入れ始めた事がわかります。

結果はどうなったかというと・・・

訪日外国人旅行消費額

2012年1兆 846億円
2013年1兆4,167億円
2014年2兆 278億円
2015年3兆4,771億円
2016年3兆7,476億円
2017年4兆4,162億円
2018年4兆5,189億円
2019年4兆8,135億円

やるじゃん!観光庁ヽ(´ー`)ノ

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました