雑学

注目のがん治療!温熱療法とは何ですか?

この記事は約2分で読めます。

ガンになった時の三大療法は、
「外科療法」・「放射線療法」・「化学療法」が主流です。

外科療法とは、
除去する手術です。癌には体中に広がるものと、広がらないものとにわかれます。外科療法は広がらない手術に適しています。

放射線療法とは、
電磁波を使い、がん細胞の成長を抑えたり死滅させたりする治療法です。これも癌が広がらないものに適しています。

化学療法とは、化学的に合成された薬品を用いる事で、がん細胞を抑えたり、死滅させたりする治療法です。

[ad] 

しかし、上記とは別に、最近世界中で注目を集めている治療法が存在しています。温熱療法です。

実はガン細胞には弱点があるのです!
それは熱です。

ガン細胞を高温状態にすることで、
死滅させるという治療方法が温熱療法です。

熱いお湯に手をいれると毛細血管が拡張します。拡張する理由は熱を逃がそうとするためです。 しかし、がん細胞に侵された血管は熱いお湯に手を入れても血管が拡張できない特徴があるのです。

つまり、熱を加える → 血管が拡張できない → 熱を放出できない → ガンは熱に弱い → ガンが死滅する。 という理論が温熱療法の特徴です。

温熱療法は、「抗ガン剤」や「放射線療法」の効果をあげることも証明されています。これらの治療法と併用させる事で、ガン細胞をやっつける事もあるようです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました