雑学

放射能不検出!放射能が0とは限らない

この記事は約1分で読めます。

記事① 収穫前のコメはいずれも不検出となった。

このような記事を見かけたとき、「おコメには放射能は付いていないんだ!」 と思ってしまいます。 しかし、これは言葉のマジックです♪

放射能が0とは限らないのです。

[ad] 

本来の不検出の使われ方は
「検出機器で測定したけれど、微量だったので機械で検出することができませんでした。」 という場合に使われます。

今回の放射能事故では・・・

記事② 検出器は放射性物質が20ベクレル以上測定できるものを使用した。

つまり、おコメに20ベクレル未満の放射性物質が付着していても、この機械では検出する事ができないので、「不検出」という単語を使用できてしまうのです。

新聞などを見比べると、「不検出」という単語は見かけるものの、検出器の詳細を記載していない記事も多く、これらの行為が逆に食に対する不安を広げているのではないか?と懸念しています

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました