雑学

突然死!ゴルフで死亡する事例が圧倒的に多い理由?

この記事は約2分で読めます。

ゴルフは激しいスポーツのようには思えませんよね。
しかし、ゴルフで突然死する割合は、マラソンで亡くなる割合とそれほど変わらないのだそうです。

一体、何故だろう?

ゴルフは軽い運動のように見えますが、実は血圧の変動が激しいスポーツとして知られています。 というのも、ゴルフは緊張感を伴うスポーツで、「一打」・「一打」に神経を使いながらプレーをするのが特徴です。

[ad] 

特に準備運動などをせず、いきなりティーショットなどを打つと・・・

一気に血圧が上がってしまい・・・
また、息があがった状態でパターを打つと血圧が上がってしまうのです。

さらに、ワクワク状態だった為に睡眠が十分に取れなかった。
これも、血圧を押し上げる要因となっているのです。

このような状況で循環器系疾患を持った人がプレーすると、心筋梗塞などを発症するリスクが高くなってしまいます。

〇循環器とは
血液を作ったり、血液を体内に流す為に様々な器官が活躍しています。

「心臓」       = 血液を全身に送る
「血管」       = 血液の通路
「脾臓」(ひぞう)  = 古い赤血球を分解
「腎臓」(じんぞう) = 血液をろ過
「骨髄」       = 血液を作る場所

などなどです。

無理のないプレーを心がけてくださいね。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました