雑学

ガッツ石松さん!本名は石松ではなかった

この記事は約2分で読めます。

ガッツ石松さんの本名は鈴木有二さんといいまして・・・(汗)
つまり、「ガッツ」や「石松」とは、なんら関係のないネーミングを使用していたのです(☆ω☆)

どうして、ガッツ石松になったのでしょうか(謎)

実はガッツ石松というリングネームは世界に名乗りをあげた頃につけられたものでした。チャンピオンになるまでは、鈴木石松というリングネームで戦っていたのです!

[ad] 

ちなみに石松とは清水次郎長(幕末・明治の侠客)の子分である森の石松からとったそうです。

森の石松はとてもおっちょこちょい!
そこで、所属していたヨネクラジムの後援会が、ガッツさんと似ているので鈴木石松というリングネームで戦わせていたのです・・・

鈴木石松さんのボクシングスタイルは・・・・
負けそうになると、すぐに諦めてしまう試合が多く、勝てる試合ですら手を抜いていました。

そこで、ガッツのある戦いをしなくちゃ駄目だ!
ということで、リングネームをガッツ石松に改めたのです。

ちなみに、ガッツポーズの由来はガッツさんが世界チャンピオンになった時、拳を掲げた所から来ているそうです。

つまり、鈴木石松で世界チャンピオンになっていたら・・・・
「鈴木ポーズ」 ← になっていたかもしれません(☆。☆)

追記
名前って大切ですね。
女の子の名前に「子」を付けると、女の子っぽい性格になるそうです。子供のお名前で悩まれている方は、どういう人間になってほしいか? そこから考えたほうがいいかもしれませんね。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました