雑学

デンキウナギ!実はウナギの仲間ではない

この記事は約2分で読めます。

デンキウナギはウナギに似てるために、このような名前になっただけで、実際にはウナギの仲間ではなく、まったく別の仲間(デンキウナギ科)に分類されるのです。

[ad] 

つまり、体の構造が違うのですね。
ちなみに、デンキウナギ科の仲間はデンキウナギだけでした。

このデンキウナギちゃんは夜行性で、昼間はほとんど活動をしていません。えさは主に小魚を食べます。

アマゾン川流域を中心に生息し、濁りのある穏やかな場所を好みます。アマゾン川といえばピラニアが恐ろしい!というイメージがあるのですが、現地に住んでいる人たちは、デンキウナギを恐ろしい生き物だと感じているそうです。

最大約600~800Vvの電気を出すのには理由があります。
1つは、自分自身の身を守るために電気を利用する事。もう一つは獲物をとるために利用しているのです。

デンキウナギを捕まえるためにどうすればいいか?
一度放電すると、継続して大きな力を放電することができませんので、刺激を与えて放電させてからゴムの手袋を使い、袋にいれれば問題なく捕まえられます。

ただし、デンキウナギはあまり美味しくないそうです

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました