雑学

亀の性別!実は土の温度で決まってしまう

この記事は約1分で読めます。

亀の性別はどこで判断するのだろう?
その答えは尻尾の太さに隠されていました。成長すると、亀のオチンチンは尻尾にしまうので、オスの尻尾は太長くなるのです。

つまり、亀が成長しないと性別を判断するのが難しいのです。

[ad] 

それでは亀の性別はいつ決まるのだろうか?
受精したとき??

いえいえ!

正解は「卵を産み落とされてから一定期間中の土の温度」で性別がきまるのです。

亀の種類にもよりますが、みどりがめの場合(大まかな目安)土の温度が
「28℃以下ならオス」
「28~29℃なら オス、メス半々」
「30℃になるとメス」になるそうです。

温暖化の昨今、
ほとんどの亀がメスになっちゃった・・・

なんて話にならなければいいのですが

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました