雑学

冷たい体!熱いお風呂に入ると痒くなる理由

この記事は約2分で読めます。

ヒエ~~(_´Д`)
外はものすごく寒いよ~~ しもやけになっちゃいそうだ。
家に帰ったら、お風呂に入って体を温めようっと♪

そして、お風呂に入ると・・・

キエ~~(_´Д`)
何だか体が痒くなってきたぞ・・・

誰もが一度は経験する大人の階段☆
今日はこのメカニズムについて簡単に調べてみました。

スポンサーリンク

かじかんだ手を温めると痒くなる現象!これはヒスタミンが原因なのではないか?とされています。 ヒスタミンとは血管作用に影響を与える体内物質で、血圧を下げる働きがあります。

このヒスタミン!
痒みを伝える神経に刺激を与えることがわかっているのです。

血管の周りには肥満細胞があります。しかし、冷たい皮膚を温めると、肥満細胞が刺激されたり壊れたりして、ヒスタミンが血管壁から漏れてしまいます。

このヒスタミンが痒み神経に刺激を与えて痒くなる!

「肥満細胞に刺激」 → 「ヒスタミンが漏れる」 → 「痒み神経を刺激」 → 「脳に連絡」というメカニズムになるのです。

冷たい体温を急激に温めるのは体によくなさそうですね。

著者 出川 雄一(ツイッター)
障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、
実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。
障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました