雑学

空き巣対策!実はお花が効果的

この記事は約2分で読めます。

アメリカにフェスティンガーという心理学者がいました。フェスティンガーさんは、友達はどのような仕組みで成り立つのだろうか?という素朴な疑問を研究し、一定の法則を導き出した人物です。

〇 始めは近いもの同士が友達になる
〇 その後、態度が似たもの同士が友達になっている。

つまり、類は友を呼ぶのですね☆

おお!ココが東京の杉並区かο(‘ v‘ )ο
杉並区は全国的に空き巣被害に悩まされている自治体として知られていました。

2000年の空き巣被害が約1300件
2001年の空き巣被害が約1500件
2002年の空き巣被害が約1700件と増え続けていたのです。

スポンサーリンク

杉並区の職員は疑問を抱きます。
「なんで空き巣被害が多いのだろうか?」

そこで、2005年に被害のあった家を一軒ずつ訪問し、状況を確かめる事にしたのです。

すると・・・

空き巣被害にあった100世帯のうち、庭や玄関などに花を育てていた家は、たったの二世帯しか存在していませんでした。 そこで、杉並区は予算を計上し、花の種を住人に配布したのです。

さてさて、結果はどうなったでしょうか?

2007年の空き巣件数が385件に!
2008年の空き巣件数も387件に減少したのです。

犯罪を犯す人!
そのやましい心から、華やかな場所を敬遠する傾向にあるようです(・~・:) 簡単な防犯対策。それは、悪い人が近寄ってこないように、煌びやかなお花を育ててみてはどうでしょうか(*^-^*)

類は友を呼ぶ☆
華やかな雰囲気を演出すると、、しあわせのエンジェルちゃんたちが近づいて来るかもしれませんよ(o^。^o)

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました