雑学

灯油の臭いを取る方法!

この記事は約2分で読めます。

稀に灯油が服についてしまったり、床にこぼしてしまうこともありますよね。プ~ン♪なんだか灯油臭いぞ(>ω<)

今回は灯油のトラブルに関する対処方法をお伝えいたします♪

まずは灯油の性質からです。
前回、ガソリンと軽油の違いは何ですか?というレポートを書きました。

石油を、「軽油」・「ガソリン」・「灯油」などに仕分ける時、沸騰する温度の違いを利用しているのです♪ そして、灯油の沸点が170℃から250℃ですので、自然に発火することはまずありません。

つまり、リスクが少ないので灯油が家庭で使われているのです。

[ad] 

そして、灯油の特徴は揮発性が高いことです。揮発とは常温で気体となって発散することをいいます。

つまり、灯油が服についても飛んでしまうというわけです。服についてしまった灯油は布などでできるだけ吸い取り、通気性の良い場所(ベランダなど)で干すことが基本です。

洗濯をしてしまうと、服全体に灯油がついてしまいますので注意です、約一週間ほどで臭いが消えますので、それから洗濯をしてください。

次に灯油を床にこぼしてしまった時の対処方法です(TT)

まずは布や新聞などで灯油を拭き取ります。
その後、粉末洗剤(小麦粉でもOK)を振り掛けてしばらく放置!粉末洗剤が水分を吸収してくれたら綺麗に拭き取ります。さらに、マジックリンなどの中性タイプの洗剤で念入りに拭き取れば、ある程度臭いを取ることが可能です。

さらに臭いが気になるようでしたら、お茶の葉が効果的☆
お茶にはタンニンが含まれており、脱臭や殺菌効果が期待できるからです。

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました