雑学

イカを、一杯・二杯と数えるのは何故?

この記事は約1分で読めます。

イカの数え方って面白いですよね☆
「一杯」・「二杯」って・・・ まるで飲み物のようです。

しかし、この数え方には深い理由が隠されていたのです!

[ad] 

イカの胴体が水などを入れる器(コップなど)に似ているので、「杯」と呼ばれるようになったのです!!

イカの胴体を逆さまにすると、なんとなく器っぽく見えますよね?そこで、イカに関しては「一杯・二杯」と数えるようになったのです。

ちなみに、生きているイカを一杯・二杯と数えてはいけませんでした。「一匹」・「二匹」が正解です ← (こっちの方が豆知識)

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました