雑学

ラーメン屋さんの名前!○○軒が多い理由

この記事は約2分で読めます。

ラーメン屋さんをタウンページで調べてみると、○○軒という名前を数多く見かけます。ここで今日のクエッション♪

○○軒という名前が多いのは何故だろう?

実は日本で最初にできたラーメン専門店の名前こそが「来々軒」といいまして、この名前にあやかって ”軒” をつけるお店が増えたのです。

[ad] 

日本初のラーメン屋さんは1910年に浅草(現在の浅草一丁目)でオープンしたとされています。店主の尾崎貫一さんは横浜で働いていた中国人と一緒にラーメン屋をオープンしたのですが・・・ これがなんと大当たり^0^ 一日2000人前後のお客さんが来店する人気店に成長しました。

この時に作っていたラーメンが醤油ラーメンです。
「醤油」 = 「東京ラーメン」 の方程式ができました。

これを見た他の料理人達は
「俺たちもラーメンという食べ物を販売しようではないか^0^v」

来々軒にあやかろうと、同じような名前で出店するお店が多数できました。このような背景から、古いお店ほど”軒”を使っているのです。

「来々軒のラーメンが食べたい!浅草に行ってこよう~」

実はこの来々軒!
第二次世界大戦の影響でお店が潰れてしまいました・・・

その後、ご子息が東京の八重洲でお店を構えていましたが、1994年に閉店。この時に働いていた従業員が、千葉市に進来軒という名前でその味を引き継いでいるそうです。

らーめんが大好きな方は足を運ばれてみてはどうでしょうか☆

追記
日本初のラーメン屋さんは函館で始まった!との説も存在しています

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました