健康福祉

ポリオが麻痺を引き起こす!小児麻痺とは何ですか?

この記事は約3分で読めます。

マリオではありません(>_<。。) ポ・リ・オです(´^`)

一般的にいわれている小児麻痺!実は正式名称が存在しました。
急性灰白髄炎(きょうせいかいはくずいえん)です。 脊髄性小児麻痺とも呼ばれており、この言葉を略して小児麻痺と呼ばれています。

この麻痺の特徴は、ポリオと呼ばれるウイスルが口から侵入する事により、様々な症状を引き起こす点です。 そうなんです。 人間にとってポリオは物凄く悪い奴なのです。

しかし、実際にポリオに感染しても、約9割以上の方は症状が現れず、気が付かないうちにポリオと共存している事もあるようです。

感染経路は口からです。

よって、便や唾液などにもぐりこんでいるポリオちゃんが、様々なものを介し、体内に入り込んでしまう可能性もあるのです。やはり、食事前の手洗いは大切なのですね。(発症から数週間ほど経過すると、便や唾液にウイルスがもぐりこまなくなるようです)

体内に入ったポリオちゃん!
最初は、喉や小腸にとどまり増殖を繰り返します。よって体内に潜伏すると、5%ほどの人が、「のどの痛み」・「下痢」などを引き起こし、「発熱」・「倦怠感」・「嘔吐」など、風邪のような症状が現れます。

やがて、血液に紛れ込んで体内旅行を堪能?すると、脊髄に到達するのです。


日本脊髄外科学会様から引用

脊髄で悪さをするこのウイルス。
脊髄には運動神経細胞が存在し、ポリオがこれを破壊する事により、弛緩性(筋肉がゆるむ 筋肉がたるむ)の麻痺を引き起こしてしまうのです。つまり、神経がやられてしまうのですね。

 

スポンサーリンク

 

この麻痺、ポリオに感染した患者さんのうち、1%未満の方が発症するようで、発熱がおさまった頃に、腕や足の筋肉麻痺がみられるケースが多いようです。

ポリオウイルスがひどいのは、呼吸をするための神経をも破壊してしまうので、呼吸障害に陥ってしまい、場合によっては死に至る事もあるのです。

こんな悪さをするポリオウイルス!何か対策をしていないのだろうか?

日本でこのウイルスが流行したのは1940年代頃だとされており、1960年には5600人以上が発症してしまう一大事となってしまいました。 「これはまずい!」 そこで、緊急にワクチンを輸入する事により、この危機を回避しています。

また、WHOなどが主体となり、世界的にポリオ野生株(自然界に存在するタイプのポリオウイルス)の根絶を目指す活動を行っています。日本でも、2000年にポリオの根絶宣言を行い、野生株による麻痺性ポリオ患者はいなくなりました。

しかし・・・

ポリオワクチンを接種する事により、ポリオに感染してしまう事例も存在しており、ちょっとした社会問題に発展しています。

足を引きずりながら歩いている年配の方。
ひょっとしたら、小児麻痺の影響があるのかもしれないのですね。 小児麻痺の方の理解を少しでも深めて頂ければ嬉しいですm(._.)m

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

福祉情報146へ 初めて海外に輸出された秋田犬!飼い主はヘレンケラーだった

コメント

タイトルとURLをコピーしました