雑学

ペットボトル!賞味期限が短いのは何故?

この記事は約2分で読めます。

「ペットボトルに入っているお茶」
「缶に入っているお茶」
「紙パックに入っているお茶」

実は同じ成分で作られたお茶であっても、その賞味期限はそれぞれ異なるのです。

○紙パック
ご想像の通り紙パックはペットボトルや缶と比べると圧倒的に強度が低いです。その為、長期に渡って放置しておくと、中の液体が染み出すだけではなく、紙は空気を通すので、中に入っているジュースの品質が落ちてしまいます。

材料費を安く抑えられる反面、長期保存には向いていません。

[ad] 

○ペットボトル
実はペットボトルも空気を通しているのです。

すると、ペットボトルに入っている飲み物の性質が変わってしまい、劣化しやすくなってしまいます。また、ペットボトルは透明ですので光の影響を受けやすく、飲み物を劣化させる成分を繁殖させてしまいます。

その為、賞味期限は短めに設定されています。

○缶
三つの中で賞味期限が一番長いのは缶です。光の影響を受けにくいのと空気を通さないのが理由です。さらに、他の容器に比べると強度もある。ということで、賞味期限が長く設定されているのは缶という事になります。

賞味期限が短い順に
紙 < ペットボトル < 缶  となります。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました