視覚障害

視覚障がい者にお声かけ!やってはいけない事って何ですか?

この記事は約2分で読めます。

 

2014年10月4日、ロービジョン友の会アリス(埼玉県越谷市)が主催する、「視覚障がい者に出会ったら」の講演を聞きに伺いました。

 

視覚障がい者の方に対して、絶対にやってはいけない事があります。

 

それは、お声かけをする前に、いきなり体を触れてしまう事だそうです。というのも、どうしても目が不自由ですので状況が把握できず、「この人、私に危害を加えられるのではないか?」 このような恐怖にさいなまれてしまうからです。

 

「ホームから転落してしまう!」
このような危険に直面している場合を除き、声をかける事が大切となってくるのです。

 

話しかける時は、できるだけ正面でお声かけをするのが基本です。というのも、視覚障がい者の後ろであったり、横でお声をかけられても、「果たして自分に話しかけられたのだろうか?」

 

このような疑問を抱いてしまうからです。

 

「何かお手伝いしましょうか?」と声をかけ、そのあと、「どのように誘導しましょうか?」と尋ねるのが理想との事でした。

 

視覚障がい者は、相手の肘を掴んで誘導してもらいたい方と、肩を掴んで誘導してもらいたい方がおりますので、この言葉を投げかける事で、「肩をお貸しください」等の返事があるのです。

 

そして、対象のものを実際に触ってもらう事も大切です。たとえば、椅子に誘導する場合、椅子の背を触らせてあげれば、形などを触って判断いたしますので、腰掛けの動作に手助けなど必要がないのです。

 

お声かけ!物凄く勇気がいる行為ですが、声をかけられた視覚障がい者の方も嬉しいし、お声をかけた立場の方も幸せを感じるとの事でした。

 

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

福祉情報178へ 今さらですが、LGBT(エル・ジー・ビー・ティー)とは何ですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました