雑学

血液中のカルシウムが低下!骨がもろくなるのは何故ですか?

この記事は約2分で読めます。

問題!
骨折していても、骨がくっつくのはなぜだろぅ~?

答え!
それは骨が生きているからです。

今日の主役は骨芽細胞(こつがさいぼう)ちゃんです。

スポンサーリンク

骨芽細胞ちゃん
「僕の名前は骨芽細胞。骨を作るお仕事をしているよ。 骨の元になるのはコラーゲン(タンパク質)なんだ。 僕はこのコラーゲンを作り、血液中に含まれているカルシウムを捕まえて骨を作っているんだ」

破骨細胞くん
「け~っけけけ☆ オイラの名前は破骨細胞(はこつさいぼう) 骨を溶かしにやってきたぞ~~」

破骨細胞は骨のコラーゲンやカルシウムを溶かし、血液中に流す役割があるのです。このように、骨を作ったり溶かしたりして新陳代謝が働いています。

血液中のカルシウムは濃度を維持しようと必死です。

よって、血液中のカルシウム量が多ければ、骨芽細胞の勢いが増し、骨作りが活発になります。一方、血液中のカルシウム量が少なければ、破骨細胞の影響が強くなり、溶かされたカルシウムやコラーゲンが血液に向かおうとするのです。

カルシウムを摂取すると骨に良い!
とされるのはこのためなのですね。骨芽細胞ちゃん頑張れ~~♪

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました