雑学

グラスをぶつけて乾杯するのは何故ですか?

この記事は約1分で読めます。

ルネッサーンス♪ ∬´・w・`∬ /▽☆▽\(´┏∀┓`)
お酒などを飲む時に、相手のグラスを軽くぶつけて乾杯をします。

どうして、このような習慣ができたのでしょうか?

[ad] 

今でこそ、カチ~ン!は一つのコミュニケーションとして成り立っていますが、中世ヨーロッパでは、パーティーに招待した客に対し、毒入りのワインを飲ませ、暗殺を企てる人が多かったそうです。

その為、パーティーに招かれたお客さんは疑心暗鬼になってしまい、ワインを飲まなくなってしまいました。

そこで主催者は考えます。

「それじゃあ~、グラスをぶつけ合って互いのワインを混ぜ合わせましょう。そうすれば毒入りじゃないことを証明できるよね~」こうして、グラスをぶつけ合う乾杯が始まったとされています。

グラスをカチンとぶつけ合うことで、「お酒の中に入っている悪魔を追い払うことができる」 ←このような説もありました。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました