雑学

海水浴!泳いでいないのに疲れる理由

この記事は約2分で読めます。


画像はハッピードラゴンさんから引用

砂浜でボ~としているだけでも疲れませんか?
実は泳いでいないのに疲れるのには理由があるのです。

実は、疲労感を与えているのは紫外線だったのです。

紫外線とは太陽の光です。
この光には波長があり、人間が肉眼で感じることのできる波長は380~770ナノメートル。(これを可視光線といいます) これより波長が短いものを紫外線。波長が長いものを赤外線といいます。

[ad] 

つまり、紫外線は目に見えないのですね^^

ここ数年の研究でわかったのですが、この紫外線が体内に大量に入り込むと、活性酸素を作ってしまうのです。

活性酸素とは何?
人間は酸素を吸収して生きています!しかし、100%使い切る事ができず、残ってしまう酸素が存在します。これが活性酸素です。

活性酸素は細菌をやっつけてくれる優れもの!
しかし、大量に増えてしまうと体内が酸化してしまい、大切な細胞やDNAをも破壊してしまうのです。 → 活性酸素とは何ですか?(健康雑学61)

この活性酸素は脳の神経をも損傷させてしまい、これが精神疲労を与えている事がわかっています。紫外線は目から吸収されますので、UV(紫外線)カット率が高いサングラスをかけることをお勧めします。

本来、サングラスをかけると、得られる光が少ない事から、瞳孔が開き、紫外線を多く吸収してしまいます。

しかし、紫外線をカットしてくれるメガネですと、目に届く割合が減少するので、防げるものと考えられています。外人さんがサングラスをかけているのは、オシャレだけではなく、紫外線対策でもあるのです♪

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました