雑学

肘をぶつけると ”ジ~ン” とするのは何故?

この記事は約2分で読めます。

ヌォーーーーーー この感覚・・・ やっちまったなぁー
「ジ~~~~~~ン」 (゚Д゚;≡;゚Д゚)

何かの拍子で肘の内側をぶつけてしまったとき、
「ビリビリジィィ~~~ン」と痛みが走りますよね@@

どうして、ジ~~ン と感じちゃうのかなぁ?

[ad] 

それは人間の体の構造にヒントが隠されていました。
本来、神経は皮膚の深~い部分を通っているので、ちょっとやそっとの打撲では、あの感覚はうまれません。

しかし、肘の部分に至っては、浅~い所に神経が通っているので、ビリビリビリリ~ン(-o- ) と、痛みが走るのです。


画像はAll Things Must Passから引用 手の画像です

前腕部には2本の骨が存在します。
親指側にあるのが橈骨(トウコツ)で、小指側にあるのが尺骨(シャコツ)です。

尺骨には尺骨神経が通っており、肘のあたりの皮膚の浅い部分を通っているのです。そのため、ちょっとした衝撃でも反応してしまうのです。


画像はイルコモンズのふたから引用

尺骨神経はこの場所に存在します。

ちなみに、腕を長時間、曲げ続けるとどうなるか?
この神経が圧迫されてしまい、神経障害に発展する事があるようです。

携帯電話を使用する場合、
右手と左手を交互に使ってお話をしてくださいね。

「携帯電話ひじ」と呼ばれています。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました